トレハンFXとトレンド・ストライクFXに見るスイングトレードにFX個人トレーダーの生活が変わる可能性を知ったホントの理由

trend-line-pro-4monita正直言いますと、スイングトレードはあまり自分に関係が無いと言いますか、縁が無いと思っていたんですよ。  

なぜかと言うと、現在の自分の勝ちやすいトレードパターンが短期のデイトレスタイルで、利確する利幅はいつもだいたい20pipsほどが多く、これは偶然とかでは無くて、恐らく自分の性格や性分から、ポジションを引っ張れる丁度良い区切りなんだと思うからです。

ところがです。

実は、いま非常にスイングトレードを勉強させて頂いていまして、どうしても自分はスイングトレードも並行してポジションを中期長期保有するノウハウや方法を自分の中に取り入れたいという、研究心に火がついて興奮している状況です。
その理由は動画でまずご覧くだされ↓


※FX初心者のこれからFX:「FXの利益の可能性を思い知る!恋スキャFX実践しながらトレストFX(トレンド・ストライクFX)戦略検討」にも掲載中





【二つのスイングトレード手法代表的FX教材】
◆ダイスケ流トレンド・ストライクFX公式販売サイトはコチラ
⇒トレンド・ストライクFXダイスケ流(当サイト特典付きリンクです)

◆関野さんのトレハンFX公式販売サイトはコチラ
⇒トレンドハンターFX関野式(当サイト特典付きリンクです)





jin-buchujp200東京の銀座九兵衛というお寿司屋さんで、トレハンFXの関野さんと、FX-jin先生と食事をしながら、

最近の相場についてや今後の為替相場攻略の話など、日頃のプライベートなトレードの裏話など、楽しい時間を過ごす機会があったのですが、



興味深かったのは、関野さんとの会話でした。


私の右隣にFX-jinさん、正面に関野さんが座っていて、今回は残念ながら金本君は仕事の為来れなかったのですが、

sekino-buchujp180スイングトレーダーの関野さんの話には共感する部分が非常に多く、専業トレーダーになるまでの苦労話はもちろんなのですが、

FXで勝てるようになってからの、一気に大きくFXで利益を稼ぎ出せるようになり、「あぁ、こうやって億までいくんだなぁと思った」と、関野さんがつぶやくように

トレードの成果を積み上げていくプロセスを話している様子が、頭に焼き付きましたよ。ホント。




関野さんも、FX-jin先生も共通に言い切る言葉が同じで、「FXは正しく勉強を継続すれば、誰でも結果は裏切らない」という再現可能な投資行為という所です。



広告

:


特に目の前に、FXで大きく人生を変えて、サラリーマンの年収を1か月で稼ぎ出すような次元にまで、どんどん成功階段を駆け上がっている状況を目の当たりにしまして、大変刺激になりました。


その席上で話題になったのが、やはりクロスリテイリング株式会社から出た最新のFX教材で、ダイスケ氏のトレンド・ストライクFXヘッジファンド流ですが、こちらは関野さんのトレハンとはまた違った発想点のトレード手法教材ですが、

現在の相場には、トレハンFXもトレンド・ストライクFXのダイスケ流もいずれも非常にマッチしていて、スイングトレードの大きな利幅を獲っていく魅力に気が付いた個人トレーダー様の最近の傾向は、

トレハンFXでスイングのテクニカルトレードを始めた方も、トレンド・ストライクFXのダイスケ流を購入して両方勉強される方が多いようです。



ポジションを中長期で保有する手法なため、スキャルピングをやりながら別ポジションでスイングトレードをされているトレーダー様は実は意外に多いことも最近気が付きましたが、私目も、相場から利益を大きく上げるという手法を並行トレードしていこうと、決意した次第でございます。


また、最近は妻と旅行に行くことも増えてきたため、パソコンを見続けている必要が無いという利点や、短期トレードと並行すれば、ある意味リスクヘッジにもなるなぁと感じておりまして、まさに、「今の相場に合ったトレード手法の選択」という意味でも勉強して実践するべきではという考えです。




【二つのスイングトレード手法代表的FX教材】
◆ダイスケ流トレンド・ストライクFX公式販売サイトはコチラ
⇒トレンド・ストライクFXダイスケ流(当サイト特典付きリンクです)
【追加特典】販売者様より特別なレア動画特典を頂きましたので特典追加です
toresutofxtokuten-futatu

◆関野さんのトレハンFX公式販売サイトはコチラ
⇒トレンドハンターFX関野式(当サイト特典付きリンクです)




FXを生活の為に始める方も多いと存じますが、どうせなら生活の為では無く、「到底ありえないほど楽しめる人生にするため」のFXという捉え方にしてまいたいなぁと、関野さんからは教えて頂いた気がします。