FX専業トレーダーも注意したい目の病気と健康「緑内障」と診断された件

専業トレーダーに限ったことではありませんが、為替チャートをずっと長い時間凝視しているトレーダーにおいては、やはり目の病気が気になりますよね。

実はつい先日buchujpも眼科で検査した所、一部視野欠損がわかり、「緑内障」と診断されてしまいました。 緑内障はご存知の方も多いと思いますが、気が付いた時にはかなり進行しているケースも多いそうで、片方の目が視野欠損となっていてももう片方の目でも見ているため、結構進行してから目の違和感に気が付き眼科で精密検査をして「緑内障」という事実を知るというパターンが多いのではないでしょうか。


見ている視野の一部が欠けて見えないところが徐々に広がっていくのですが、原因は不明だそうです。 恥ずかしながら私は緑内障はお年寄りの目の病気だというイメージでしばらく自分には関係ないだろうと思っていましたが、自分も気が付けばもうすぐ50歳。(まだ2年ありますが)

かなりショックでしたよ。 すごく。


buchujp-trad-roomやはり世の中のIT化といいますか、パソコンなしでは生活が成り立たないというようなライフスタイルやお仕事をされている方も増えたことから若い方でも増えているのではという感じでしょうか。



とりあえず、緑内障は眼圧を下げたりするための点眼剤での治療となりまして、失った視野は元に戻せないそうですので、進行を止める治療ということになるのだそうです。


眼科での診療と並行して、何とか自宅でも改善に挑戦が出来ないかと実はこれも実践を始めたところです。
自宅で出来る~今野式緑内障改善エクササイズ

これもDVDで一通り見てみましたが、エクササイズ内容については納得しましたし、少しでも改善にプラスならばと前向きに頑張ってみることにしました。
効果についてはまた進行状況などで今後ご報告できればと存じます。




広告

:

最近はbuchujpもカスタムチャートを改良しまして、トレード手法も15分足や30分足を中心とした平均足活用のトレードロジックをベースにした手法でのトレードが多いですので、ずっとチャートを見ることも少なくなりましたが、


やはり、もしかすると今までは少し無理をし過ぎたのかなぁと、ちょっとトレードライフの効率化や改善を考えさせられたこの頃でございました。



つい先日も、自動で矢印が出るチャート系ツールの最新版、PLATINUM TURBO FXの実践検証を丸一日かけて収録しながら実践したわけですが、これまでのTURBO FXよりも、確率の高い矢印だけを出す絞り込みが工夫され、矢印が突然出るのではなく、予告サインが出るなど、

パソコンの前に張り付きすぎることなくPLATINUM TURBO FXを実践できたのではと考えますと、自分にとってもメリットが増えた大幅改善が見られた実感のできる新化を下のではと感じた次第です。

こんな感じです↓


メインサイトの「FX初心者のこれからFX」より
PLATINUM TURBO FX何が新しくなったのか旧TURBO FXと比較の為実践検証トレードをしてみました」に詳細を掲載しております。


PLATINUM TURBO FX当サイト特典付きお申込みリンク

※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)




話を戻しまして、



資金管理はFXにとって最も大切なものと存じますが、目の健康や健康管理もお互いに留意しながら頑張りたいですね。



自分と家族の為にも、慎重に今後も頑張って参りましょう。