勝っているFXトレーダーの手法をパクッてアレンジする発想実は重要と2016相場攻略に思ふ

難しい相場が続いておりますが、資金を減らす損切トレードに苦しんでいる仲間のトレーダーも多く、自分も今月は苦戦しております。

荒い値動きで確かに、アノマリー的にも2月は波乱の相場と言われるそうですが、それでも何とか乱高下相場を乗り越える為、トレード手法やロジック、判断の微調整をしながらトレードルームに、こもっている毎日です。


上記の動画は、実はメインサイト「FX初心者のこれからFX」の保護記事用のレポート動画なのですが、1週間以上保護パスワード設定が掛かっていなかったことが判明しまして、現在とりあえずそのままにしてあるレポートページです。


乱高下相場攻略レポート「相場に合わせたトレードルール事例」検証とリアル実践トレードの件


上記動画の前編がトレードルールを説明した動画になっていますが、もちろんこれだけでは無いのですが、

buchujpカスタムチャートを順張り手法の視点で、カスタム平均足を用いたトレードルールでの実践レポートでして、あのデイトレMAXで有名なマックス岩本さんのトレードロジックをかなりアレンジしたイメージのトレード手法という感じでございます。



MAX岩本「デイトレMAX」公式サイトへbuchujp特典付きで飛びます
FX初心者のこれからFX特典に準じます。
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼントほか(設定動画付)

————————————————————–



最近のドル円のボラティリティの高さと乱高下のチャート形状では、例えばノイズ的なローソク足を収れんさせるために1時間足以上の長い時間足チャートを使ったトレードの方が細かい損切りを連続させされることを軽減するのにもいい場合があるのではと思い、

広告


平均足とローソク足のゴールデンクロスやデッドクロスを見て、連続的な流れの方向に乗って、なるべく低リスクなトレードを実践したいというのが趣旨でございました。


ただ、チャートの形状の変化状況によって、5分足チャートでこのルールを用いて、スキャルピング的にこまかく利益を欲張らずに積み上げるという戦術も効果のある場面が多いと存じますので、

状況判断、環境認識はやはり重要というのは変わらないという感じです。


売買サインだけに頼ってトレードをするのは永遠には無理と存じますが、テクニカル指標が出すサインに裁量の判断を加えながらトレードして利益の収支を維持していくということは現実的ではと思っています。

buchujpの場合は、デイトレMAXの理論と、チャートのテクニカル裁量にFXライントレードマスタースクールということで、実践動画でご覧になった乱高下場面をなんとか乗り切っているという結果に。
2016.02.08.audusd_1h.22jihan MAX岩本さんのような理論派トレーダーであり、トレードに至るまでの根拠やエビデンスをしっかりと集めて確認してからエントリーするという周到なトレードは非常にbuchujpにとって魅力的であり、

またトレード開始後の出口戦略においても、自分のスタイルに非常にマッチしているという実感でございます。

そんなこともあって、

buchujp-fx-tools4monita200MAX岩本さんのデイトレMAX手法や勝っているプロトレーダーの手法をパクッて、自分がもっと独自にルールを追加してアレンジすることで、相場が変わっても、また荒れ相場でも対応していけるヒントになるのではと非常に感じる次第でございます。


自分の設定ミスもありまして、保護記事用に作った乱高下攻略実践レポートの一部をこちらのページにも掲載してみた次第です。


相場の攻略方法は千差万別で、実に様々あると存じますが、ぜひ相場に対応していくための検証研究をご一緒に頑張って参りたいと思う次第でございます。





「FX初心者のこれからFX」保護記事現在解放
乱高下相場攻略レポート「相場に合わせたトレードルール事例」検証とリアル実践トレードの件








PS.スキャルピングを勉強したい方に人気です。
無料の「FXスキャルピング7日間集中プログラム」推奨その内容をレビューしました