「買ったら下がる売ったら上がる」FXの不思議を「恋スキャFX」単純解決の巻

たまたまパソコンを開いてメタトレーダーチャートを見たら、ローソク足がものすごく伸びたところで一服、「これ、めっちゃチャンス!」と思ってエントリーしたら、そこが「天井」だった・・・。

そんなことが多い相場がもしかしたら今年? 

buchujp-room-trendline-proFXには必ずと言ってつきものの、「買ったら下がる売ったら上がる」FXの不思議がございますが、自分もいまだに、やってしまうことが多く、そんな時は決まって、上位時間足やそのほかの時間足をマルチタイムチェックしていない時です。

先日もそんな相場に見えたため、この相場に付き合わないために、「恋スキャFX」の手法をナント日足でトレードするという方法を取りました。

ただし、恋スキャFXトレードと、そこにレイヤートレード手法をプラスし手という感じで、トレード動画を収録した次第です。


専業トレーダーで法人化して3期目の決算を無事、黒字で終えられたという安ど感の後は、何かやらかしてしまいそうで、新年度からも「恋スキャFX」ロジックを2016年相場に合わせてトレードを組み立てるという具合で、

広告


特に、汚い形状のチャートでは手を出さないということはもちろんなのですが、なるべく大きな時間足で見て、テクニカルにキレイに当てはまるかをチェックするようにしている問う次第です。
7tuuka 恋スキャFXから始まったトレーダー生活ですので、毎年の相場で恋スキャFXロジックを若干アレンジしながら使い続けておりますが、今年の相場には特に使い勝手が良いような気が致します。


douga_pc_mouse今年の相場は、自分が専業トレーダーになってから一番難しいと感じている相場でございますが、スキャルピング手法でも、デイトレードでも恋スキャFXでの検討をまず先に考えるようにしているのは、

中途半端なトレンドで、ローソク足が途中で切り返して順張りロジックで入っているポジションが、含み益から一転、損失へと転じるような場面も今年は多く体験しているような気がするからでもあります。

ところが、1時間足以上の長い時間足チャートで見ますと、テクニカル通りにハマっていることが多いというのも、確認出来ます。
2016.6.1koisca-hiasi-trad 今の所、結果として乱高下相場でも、臆せず「恋スキャFXビクトリーDX」のロジックに条件が当てはまっているところをしっかり検討して、場合によっては強気でトレードすることで、利益を積んでいる今年の相場です。



⇒恋スキャFXビクトリーDXbuchujp特典付きお申込みリンクはコチラから
※保護記事特典、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
※特別な特典として、FX初心者様に特に必要なアレをサポートの援護になればと付けることにしています。
恋スキャFXビクトリーDX購入決済ページにてご確認くださいませ。





koisca-fx-pack160自分は実は恋スキャFXを2回購入しているのですが、最初は妻名義で、そして2回目はバージョンアップした恋スキャFXビクトリーDXを自分名義で購入したという、夫婦して恋スキャFX派ですが、
(FX-jinさんに言ったら顔は笑いながらマジですか!と)

妻は順張り派でして、今年の相場でトレードをさせてみますと、ローソク足がチョロッと動いた方向へスグに飛び乗ってしまうため、途端に切り返して損切になったり、

十分伸びきったローソク足を見て、もっと行きそうだから・・・、とそこからエントリーして天井掴みをしてしまったりというのが多いのですが、本日の表題のように、天井掴みや安値つかみ、買ったら反対に動くを解決する方法として、素直に今年は恋スキャFX手法で相場を見ていくのが宜しいのではと、個人的には相場攻略に期待しているところです。


また、恋スキャFXとFXライントレードマスタースクールの手法との組み合わせが、最も今年の相場で役に立つのではと、再度ライマスサイトを広げてレイヤートレードをチェックしているところでございます。


※参考:当サイトリンク ⇒FXライントレード・マスタースクール公式サイト




本日の恋スキャFXトレードの詳細記事は「FX初心者のこれからFX」でもご覧頂ければ幸いです。
メインサイト>恋スキャFXで一撃+70pipsそんなこともある?実況トレード動画でレビュー記事より