FXワンパターントレードこそ実は必要buchujpの場合の独自トレードルールの件

本日はbuchujpの独自ルールで日常自分がやっているトレード手法を用いた超簡単なFX初心者でも再現可能と思われるトレード実践動画を録画いたしました。

表題のワンパターントレードこそ実は必要だというのがbuchujpの考えでございますが、ワンパターンという事は逆に言えば自分の勝ちパターンの手法、相場状況以外は手を出さないとも言い換えることができると存じます。

メインブログの、FX初心者おすすめのbuchujp独自ルール「恋スキャFXと平均足ロジック」超簡単にトレンドラインPro2で実践の件という記事でいち早く動画を掲載致しましたが、

自分がFX専業にすると決めるきっかけになった「恋スキャFX」と独自のルールで「平均足トレード手法」とのコンビネーションを試してみた次第です。


●動画に出てきたbuchujp独自特典インジなど紐づけ購入リンクはコチラです↓
⇒MT4『トレンドラインPro2』ライン自動描画インジケーター  トレンドの視覚化へ


高度なテクニカル分析よりチャート形状として定石として現れる形状を捉える方がシンプルに勝ちやすく、 FXで負けにくいトレードが何度でも再現できるのではと日頃から考えている次第ですが、

見ていたポンドドル1時間足では見えているチャートの中で、三尊と呼ばれるチャート形状が形成される過程のように見えており、何よりもサポートレジスタンスのところでローソク足の高値が揃っており、そこに恋スキャFX基本ロジックのボリンジボリンジャーバンド+2シグマが重合、

局所的にはカウンターエントリーが可能な場面と判断、それまでの価格の下落プロセスを見ておりますので、戻り売りのトリガーとして恋スキャFXを用いて、チャートに重ねているカスタム平均足が色次示現変化するところからは平均足トレード手法とのコンビネーションという魂胆でございます。

これは自分の1番好きなパターンで、2つのトレードロジックでトレンド方向に逆らわず、利益幅も取れるというパターンの1つでございます。

YouTubeチャネルでもあの伝説の手法と超簡単buchujp平均足ロジックをトレンドラインPro2で独自ルール実践の巻で掲載中。


Buchujpの場合勝ちトレードが安定しないという現象の時は、チャートを開いた段階で難しい相場形状であっても無理をして難解なテクニカル分析を当てはめてみたり、何とかエントリーのチャンスを無理矢理探してトレードを始めようとするときが多いと存じます。

その反対に、簡単に勝ってしまったトレードの時は、例えば代表的なチャートパターンが現れていた時や価格の節目がくっきりと見えてサトレジラインが綺麗にしてる所に対して価格が反応している時など、容易に予測ができそうなチャート形状になっている時がほとんどです。

それであれば、自分の勝ちパターンをワンパターン化して、それ以外の相場は捨ててしまうというくらいの割り切りが自分の場合はちょうど良いのではと気がつくのに実は非常に時間が掛かりまして、知り合いのFX専業トレーダーの多くは難しい相場の場合思い切って休んでしまうと決め込んでいる方も多いため、

結局のところ上常勝トレーダーと言われる多くのトレーダーはシンプルさを追求している方が多いと感じる次第です。

この平均足トレード手法はbuchujpの独自ルールを加えて勝率が出せるようにシンプルに工夫していますが、その一つがカスタム平均足を使いながらも、それだけに依存せずに4本の平均足を重ね表示してパーフェクトオーダー形状のベースで平均足トレードロジックを発動するようにしています。

FX初心者が最も勝ちやすい相場はシンプルにトレンドが確認できている所というのが当たり前でございますが、どこでエントリーをしてどこで逃げるか、自分の場合は短期デイトレードスタイルを守っているため、ボリンジャーバンドやpivotというインジケーターをルールに加えています。

平均足の下ほどを価格が推移しているわけですので、カスタム平均足の色が連続示現している限りポジションを言ったり続けられるのが平均足トレードの利点と言うイメージを持たれるかもしれませんが、これまでの様々なトレード経験の結果自分の精神安定上程良い利益幅と勝率からこのようなスタイルにしています。

しかし念のため、本日の動画で決済した後価格はどのように動いたかをキャプチャーいたしましたので下記掲載いたします。
後で見ると面白いもので、もしもポジションをそのままホールドしていたとすれば100 pips以上の利益を手にしたかもしれないという結果になっています。

しかしここをチキン過ぎたと残念がるか、いい場面だけを切り取って良いトレード実践できたと思えるか、そこは自分のスタイルだと自分は考えている次第です。

相場のことですから絶対はございません為、もちろん今回のパターンのようにどんどん値が伸びるというケースもありますし、途中で引き返して反対方向へ降りていくという場合もございます。

このバランスで自分のスタイルを現在のトレードスタイルに固定しておりますが、本日の実践トレード手法においてはFX初心者トレーダー様が今日からでも実践できるようなシンプルな方法ということでこれでよしとしたいと存じます。

いずれにしましても、どのようなロジックを使う場合でも、チャート上で確認できるラインというものは世界中のトレーダーが意識しているものであり、その意味でトレンドラインPro2は現在どのトレーダー様にも推奨できる使えるツールでチャートシステムではと評価している次第です。


●動画に出てきたbuchujp独自特典インジなど紐づけ購入リンクはコチラです↓
⇒MT4『トレンドラインPro2』ライン自動描画インジケーター  トレンドの視覚化へ


広告