FXで大負けする時どうする? 専業トレーダーの許されない事情

candleローソク足がぐんぐん伸びて大陽線や大陰線に拡大し始めた様子を見ていますと、

「これは大ブレイクしたのでは?」と、チャートの中で短かいローソクがつながっている値動きからの勢いよく動いたローソク足を見て、

「いやいや、これはダマシに違いないから放っておこう」と思いとどまり、



そして次のローソク足で、更にグイグイローソク足が伸びるさまを見て、思わず・・・

気が付いたら体が勝手にポジションをエントリーしていましたということありませんか? 


このパターン。


大陽線や大陰線となり長めのローソクあしが何本か続き、更に長ーーいローソク足に大成長する過程で、マウスを持った指が勝手に反応してエントリーってことは、恐らくほとんどのトレーダー様が経験されているのではと想像していますが、もちろん私もその一人ですよ。


このパターンは、大抵の場合、数本続いた長いローソク足の次にでっかく伸びるローソク足は「最後の絞りだし」というやつで、一番飛び乗ってはいけないパターンが多いってことは専業トレーダーになる前も知っていましたが、
trend-fx
今思へば!


パソコンの前で、ローソク足の激しい動きを見ている自分は、まるで、 猫じゃらしの前に座っているネコです(爆)


飛び乗ってエントリーした後は、お決まりのポジションを入れたとたん逆方向へ巻き戻しの動きにさらわれ、あっという間に含み損という結果が待っているというわけですな。



この時、全く知識もスキルも無いわけでもないのに、「しまった!」とばかりに、逆方向へエントリーしてしまうことが過去何度もありました。

これは最悪のパターンの始まりです。


広告

:


一時多少の含み益になったと思ったら途端に、またもや逆方向へローソク足が動き出すということもしばしばで、世に言う「往復ビンタ」と呼ばれる痛いミスです。

ここで、やめておけばいいのに、熱くなってヤケになりますと、このような反対エントリーを繰り返してアッという間に資金が失われていくという、何とも頭に血が上って、カーッとなり、その辺にあった灰皿を持ってパソコンに投げつけようとポーズをするも、

「これ高いしなぁ」と何か安くて、投げつけても安全そうな場所を探すという、情けない自分を責める毎日だったのが、今から5年前ですぞ(爆)



koifxこの時出会うのが「恋スキャFX」ですが、実は今の恋スキャFXビクトリー完全版は、以前の恋スキャFXのロジックを更に勝率を高くする工夫を加えてリニューアルしたFX教材です。
(写真は当時のデザインです)

つまり、以前の恋スキャFXの最初の原型をbuchujpは本気の勉強と捉えたわけでして、このリニューアルする前の「少し足りない」のが実は自分にとって非常に良かったのかもしれません。



恋スキャFX一番最初の新発売の当初は、その代りFX-jin先生の実際に会えるリアルセミナーが良く開催されており、そこで恋スキャFXのフォローをされていました。(現在はオンラインセミナーで頻繁にやっている形になりました)


FX-jin先生に直接教えてもらった通り、自分のまけたトレードチャートを紙に印刷して鉛筆でなぞって、ローソク足の形状や価格の節目、ボリンジャーバンドの拡大や収縮と値動きの関係など、これでもかというほど部屋中プリントだらけにしてチャートを見る毎日でしたが、


この時に、ロジックの勝率の可能性のランクを付けていくことに気づき、可能性のやや低いところは手を出さず、可能性の高いところをとことん待って、そこだけエントリーするという精神コントロールと、


monita_kansi トレンドの途中に出来る踊り場の所を捉えて、恋スキャFXの条件を満たすところを多通貨ペアを同時参照して

確率順位の高いチャートでトレードするという、テクニカル的な

自分流の恋スキャFXトレードが出来上がって行ったという感じが致します。



先日もFOMCの後一気にドル円が急騰してその後一服したところのトレードでは、急騰場面は手を出さずに自分の得意のチャート形状でエビデンス(根拠)を複数見つけられる形状になるまで、またそのような通貨ペアを同時参照で見つけて、恋スキャFXトレードしたのがこちらの実践トレードです。


※FX初心者のこれからFX「イチバン得意な自分のトレードパターンは恋スキャFXビクトリーDX完全版とアレを組み合わせた方法です」より



確率の高い、自分にも利益を抜き出せる形になるまでじっくりと待てるように今は多少そのようになりましたが、同時に前述の最初の恋スキャFXで少し足りない・・・と言った部分で、当時FX-jin先生が「最終的にはローソク足だけでトレードで勝てるように・・」ということを頻繁におっしゃっていまして、これが後の「FXライントレードマスタースクール」というFX教材発表へと完成されていったのではと解釈していますが、


FXライントレード・マスタースクールセールスサイト(FX初心者のこれからFX特典付きリンクです)



恐らく誰でも勝ったり負けたりしながら資金を減らすというパターンが多いのではと思いますが、このうち、負けトレードになるエントリーをしないという判断が増えてきますと、

負けが減る分勝ちトレードはそのままですから勝率も上がり、勝率の確立ランクの低いと判断したチャートは我慢してトレードを見送って「次を待つ」という精神コントロールが出来れば、致命的な損失も無くなるのではという実感があります。


jing-buchujp 現在の恋スキャFXビクトリーDX完全版には、このようなFX教材としてはトレードルールやロジックだけを販売するような程度のものでは無く、将来も勝てるようになるための素地があり、これまでの購入ユーザーからの問題点や改善点が常にフィードバックされていることからも、

これからFXを始めるトレーダー様に大一番にお薦めが出来るFX教材と思う次第です。




⇒恋スキャFXビクトリーDX当サイト特典付きお申込みリンクはコチラから
※「FX初心者のこれからFX」特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)

※保護記事は、その時々の情報シェアやbuchujpの気づいた勝ちパターン事例、裁量事例など、ささやかな情報をアップしています。
恋スキャFX当サイト特典付きボタン





大負けは許されないFX専業トレーダーの事情と言いますか、トレードルールと精神面で、大崩れしないよう日々をチキンでトレードしていますbuchujpの徒然なる自戒日誌でございました。


では、お互いに慎重に頑張って参りましょう♪






最後に、運命を変えてくれた恋スキャFX開発者のFX先生による相場攻略無料配信動画キャンペーンをご紹介しておきます。

ではでは。



■buchujpおすすめ(FX-jin先生のFX攻略講座動画配信・無料登録です)

>>FXを始める前に理解しておくべき内容がFX-jin先生の無料講座動画で<<