よくわかる!「1秒スキャルFX」検証buchujp流ネタバレとMAXアベレージキャンドル使い方

「1秒スキャルFX」よくわかるシリーズbuchujp流動画をアップいたしましたが、「FX初心者のこれからFX」メインサイトにかなり詳細にトレード検証記事を掲載しまいたので、

こちらのbuchujp個人的私生活ブログの方では、buchujpカスタムチャートを今まで使ってまいりまして、「1秒スキャルFX」の「MAXアベレージキャンドル」をなぜここまでFX初心者でも使いこなせるように体系化出来ているのかを評価してみたいと存じます。

出は最初にbuchujpの1秒スキャルFXレビュー動画をご覧くださいませ。


募集スタートです。ご一緒に頑張りましょう
「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
■1秒スキャルFXシークレット特典ほか
レア1「年収5,000万円トレーダーが徹底解説!テクニカル分析で意識すべき経済指標とは」
レア2「マックス岩本の2017年の相場解説と2018年の相場予測」
更に3「マックス岩本の知っておくべきマメ知識」
更に4「マックス岩本が考える成長に必要な三大要素」




FXで生活する、FXを仕事にするならばどうすれば良いか、という視点で考えてみますと、やはり一番簡単と言いますか単純という意味で、「勝ちやすいチャートの通貨ペアを選ぶ方法」を知っていることが重要ではと存じます。

広告


どんなに難しいFXのテクニカル手法や技術を持っていても、「勝ちやすい形状局面の通貨ペア」を間違えなければ、つまりトレンドにさえ乗っかれば、「相場が助けてくれる」というそんな実感があるからです。

実は、これを素直にFXトレード手法として体系化したのがMAX岩本さんの「1秒スキャルFX」なのではと、一言で言い表せばそうだと思います。


そこで、MAXジャッジメントが非常に役に立ちますが、しかしこれだけでは、エントリーから決済までの具体的な場所がわかりません。

更にそこで、MAXアベレージキャンドルを重ねることで、一気にチャートが分かりやすくなるというわけでございます。

しかしですよ?

buchujpも、FX専業トレーダーになった頃からずっと使用してきた「buchujpカスタムチャート」に重ねている、カスタム平均足も、ほぼ「MAXアベレージキャンドル」と同様の結果が得られると存じますが、

同じトレンド形状でも、カスタム平均足のルールだけでは、ポジションを上手く利益につなげられない局面もございます。

例えば、本日ご覧頂きました「1秒スキャルFX」検証実践動画のユーロドル5分足の局面をbuchujpカスタムチャートでキャプチャーしたものをご覧ください↓
確かに全体的にはアップトレンドの形状ですが、安値は切り上げていますが、上値の切り上げ方を見て下さい。

このような、トレンド形状では「カスタム平均足」は色示現を何度も交互に繰り返す為、単純に「色が変わった」という判定では利益になりません。

そうです、

平均足トレードは、「色が変わったから」という理由だけではエントリーをするためのエビデンス(根拠)が足りない
とbuchujpも薄々感じていたのでございます。

この欠点をMAX岩本さんは恐らく解決する為の完成度を上げるのに、時間をかけられたのだと、buchujpはその思い当たる節がございまして、その話はまた今度にしますが、

そこで、MAX岩本さんの「1秒スキャルFX」チャートでの同じ場面をご覧くださいませ。(背景を黒にして分かりやすくしました)
目からウロコですよ。buchujp的に(@_@)

1秒スキャルFXでは、シングルボリンジャーバンドがサポートし続けている限りポジションを持てる、仕組みロジックにしています。

つまり、ボリンジャーバンドの使い方として、逆張りロジックとして使われることが多いと存じますが、考えてみますと、ボリンジャーバンド自体は「トレンド系指標」だったのですよ。

この手があったか! と、実はbuchujpは密かに、そこに食いついていました。  平均足のデメリットや欠点を経験から分かっていたからです。


このアイディアと合理的な方法に、お金を払う、自分は納得でございます。



これで、平均足の欠点を解決し、トレンドの転換までポジションを持つエビデンスとして、MAXアベレージキャンドルの方にばかり注目が行きそうですが、実はこのシングルボリンジャーのアイディアは、MAX岩本さんのような高度な指標活用知識を持ったプロトレーダーでなければ、気が付かないのではと思った次第。

最初から答えを見れば、何でも無いことかもしれませんが、手法の開発と、FX初心者にも同様の再現性を可能にさせる為に問題クリアさせるという視点では、スゴイと感じます。



ちなみに、buchujpは自分の考える問題改善方法として、より長い時間足を用いた場合に、トレンドのダマシやゆったりトレンドの色示現頻度を押さえる、という考え方で特に30分足以上を推奨するというスタンスでのトレード、
そして、もう一つ、

エントリーのポイントを、恋スキャFXロジック適合場所と整合させることで、丁度この場合は恋スキャFXの利益確定場所付近で平均足の色示現が推進方向へと変化する頃合いなのですが、恋スキャFXの含み益ある分、色示現がすぐに訪れたとしても損失リスクや利益減少リスクを軽減させられるという、
全く別のアプローチでございました。


相当マニアックなことを書いているかもしれませんが、お許しくださいませ。


どちらが正解、ということはございませんが、

効率と、平均足の欠点を解決してポジションをホールドするという考え方を「1秒スキャルFX」から吸収できただけでも、buchujpには価格以上の価値がございました。

この感動は、他人様から見ますと、ナンダそれ? と言われるかもしれませんが、


平均足というモノを一つとってみても、優位性と欠点があり、その解決方法にはいろんなアプローチ方法があり、MAX岩本さんのプロフェッショナルな見地から、それを垣間見られたというbuchujp個人の感想でございました。


ちなみに、この改善策も、MAXジャッジメントによる「通貨ペアの強弱判定」という前提があって、初めて素晴らしい効果を発揮するものと存じますが、


これだけのツールを使用しながら、時には通貨ペアの強弱を観察し考え、比較してみたり、そこに平均足のロジックを当てはめ、トレンドの方向へのポジションの持ち方について、確認してみたりと、

これは、FXで仕事をしたいと考えている方に「学べる教材」という印象すらございまして、大きなFXスキルが身に付くのではと、buchujpはその視点でも「1秒スキャルFX」評価をしたいと存じます。



さて、buchujpのメインサイト「FX初心者のこれからFX」の1秒スキャルFXレビュー詳細記事もご覧になられたと存じますが、
特大特集!「1秒スキャルFX」検証評価徹底レビューMAX岩本ロジック実践実況buchujp流で暴露動画


今ご覧頂いている、こちらのブログには、更に突っ込んで別視点での

よくわかる!「1秒スキャルFX」検証buchujp流ネタバレとMAXアベレージキャンドル使い方と題しまして、個人的な見解を書いてみました。


FXが大好きな、FXで生計をたてたいトレーダー様の一つの思考材料になれば幸いでございます。

buchujpもご一緒に今後も精進しながら更に勉強して参りたいと存じます。

では今後もご一緒に頑張りましょう。



募集スタートです。ご一緒に頑張りましょう
「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
■1秒スキャルFXシークレット特典ほか
レア1「年収5,000万円トレーダーが徹底解説!テクニカル分析で意識すべき経済指標とは」
レア2「マックス岩本の2017年の相場解説と2018年の相場予測」
更に3「マックス岩本の知っておくべきマメ知識」
更に4「マックス岩本が考える成長に必要な三大要素」