コロナ禍で初めてFXの勉強を始めるにはどうしたらいいのかbuchujp的失敗しないFX教材とは

初めてFXの勉強を始めてみたいという、新規にFXに挑戦される個人トレーダー様が急増しているのはbuchujpも、最近の肌感覚で感じる次第ですが、

人気のFX教材の傾向として、便利なFXツールや自動売買、複雑な理屈をツールで簡単に実践できることを謳うFX教材など、 FXの基本や相場のことなど深い知識がなくてもすぐに実践できそうな印象のものが好まれる傾向にあると存じます。

しかしbuchujp個人の考えとしまして、そういったFXツールなどもセールスページを見ますと、「たった1回ボタン押すだけで」とか、「ロジック通りにトレードするだけで」のような魅力的なフレーズが並ぶばかりで、

これまで100以上のFX教材の中身を確認してレビューしてきたbuchujpとしましては、本当に役に立つFX教材と、購入したあとすぐにゴミになってしまうFX教材が混在する傾向にあるように思えてならない次第です。


FX教材のセールスページに書かれている華々しい実績やFXツール、ロジックの優れたイメージの訴求は、そのロジックが優位に機能する相場で使用された場合に期待した利益が出やすいという重要な視点がFX初心者には抜け落ちてしまうという怖さもあります。


知識不要で代わりに機械的にツールが動いてくれたり、決められたルール通りにトレードするということは、固定化された相場での前提であれば何度やっても期待した確率での利益も考えられますが、

世界中の考え方の異なるトレーダーや、立場の違う投資家などの集団的心理で、常に不確かに動き続けるのが相場ですから、便利なツールやロジックも、その方法論をいつでも局面で使えば優位なのか、

これを判断するのは実践トレードするトレーダーであり、その判断の仕方は最低限の勉強要素は必要なのではと個人的には考える次第です。

FXツール類を否定するわけではございませんが、

つまり、そうした相場判断に必要な勉強要素を含んだロジックや、ツールなどのFX教材を選択するべきなのかなと自分が考える次第で、道具だけを切り売りしているFX商材ではFX初心者がいきなり利益を上げるというのは幻想に近いものがあるのではと少し厳しい見方をすればそんな風に思います。


2021年に入り、buchujpもそんなことを思いながら敢えて
FX初心者が初めて購入するFX教材選びで間違えそうな視点でbuchujp的主観と裁量トレードの巻

というお題でメインブログの方に実践動画と考えなどもまとめてみた次第です。


個人的には最終目標をチャート上にローソク足だけの表示でトレードをするというのがございますが、今回はトレンドラインを自動でしてくれるというbuchujp的に評価しているトレンドラインPro2チャートのみでの裁量トレードでございます。

販売ページリンクトレンドラインPro2"前作『トレンドラインPro』ご提供から“7年”<br  トレンドの視覚化が『高精度』から『完全』へ
最新トレード環境『トレンドラインPro2』!! | GogoJungle”/>>

※buchujpオリジナルインジケータを2つ提供プレゼント紐づけリンクです




実際にFXを始めてみてすぐに分かると思いますが、安定利益を目指す近道は結局のところFXツールやロジックに依存するところではなく、「FXを学ぶ」というところに本当の近道があるような気がする次第でございます。

さてbuchujp自身はもう11年以上も巣ごもり生活のため、コロナ禍による生活スタイルの変化というのは直接ありませんが、それでもレジャーや外食も出来ないため、その意味では同様のストレスを多少感じるこの頃です。

自分もまずは今できることをしっかりやって、今この時代を乗り越えてまいりたいと存じます。


buchujp主観でFX初心者が失敗しない教材選びはロジックと裁量学習どっちの巻




広告