FX専業トレーダーそれでいいのか少しずつ変化して10年今日はComplete One EAも取り上げてみた

10年前まさに崖っぷちからbuchujpもFXを始めて、とにかく利益を上げるためにはどうすればいいか、これで本当に家族の生活を支えていけるのかと不安の極限状態でFXの研究を続けてきたという実感がございますが、

地をはうような低空飛行から少しずつ芽が出て、自分のトレードルームやトレードスタイルが固まってきた頃から、時間的な効率についても考えるようになったと存じます。

考えてみれば、 FXとは非常に孤独で、完全に自分の世界に入り込むようなものだったと思います。

そのため、 2013年に会社法人化してからはトレードルームのためだけに別のマンションを借りて、生活環境と完全に切り離してみたり、いろんなことがありましたが、 FXを専業化して果たして求めていた生活スタイルになっただろうかと。

特にbuchujpの場合は国際結婚をしているため、何と言いますか普通の家庭生活とはやや雰囲気が異なるとは存じますが、結婚したかつての意気込みは、家族一緒に楽しく平穏に暮らすという、ごく当たり前の幸せを求めていたはずではないかとも思います。

気がつけば、目が覚めればトレードルームのチャートの前でテクニカルの研究に没頭する日々 、冷静になって考えるとファミリーとしての楽しみは何処へやらというもっともな、原点に今更戻りつつあるような気がいたします。

FXは仕事なのだと割り切れるような生活スタイル、そしてある程度生活とも切り離して時間を考えるような心の変化が近年生まれてきたような気がする次第です。

そういえば、 FX-Jin先生からも「人生をFXで埋めてしまうという事は本願ではなかったはず」という言葉もあり、まさにその通りだと。

トレードを時間で区切ってみるというスタイルも最近では取り入れながら、さらに積極派ではなかった自動売買も、もしかすると効率動かし方を研究すれば資金運用に寄与する可能性もあるのではないかという考えを持ち始めたのが最近の自分です。



2020年6月現在一般公開中↓
Complete One EA(コンプリートワンEA)販売ページリンク
————————————
◆buchujpインジケータ「BI_Entry」特典ご提供
◆特別特典についても用意できましたので関心のあるトレーダー様にと存じます。
1.【PDF特典1】資金効率を爆上げするトレード前のチェックシート
(24時間版ボラティリティー変動スケジュール表付き)
2.【PDF特典2】トレンド発生のタイミングが一目でわかる!『FXオーダーとオプションバリア』
3.【映像特典】資産を安定的に増やすためのポートフォリオ術
4.【オリジナルインジケーター】ラインブレイクを自動でお知らせ!
『Priceline Alert(プライスライン・アラート)』
———————————–



上記に貼り付けた動画「2020 06 09 FX専業のお仕事buchujp朝のスキャルとComplete One EA実践にも言及の件」は、前日の値動きからある程度テクニカル的に今後の可能性を検討して、翌日朝早くから「本日の午前のトレード」というふうに時間を割り切ってドラストFXというだとシステムを用いた実践トレードでございます。

FX専業 buchujpの朝のドラストFXスキャルピングとComplete One EAぶっちゃけるの巻というタイトルでbuchujpメインブログの方に詳細を記述している次第ですが、

ロジックを用いたテクニカルトレードだけでなく、自動売買システムの「Complete One EA」についても実践中の経過について触れてみました。

もちろんこれを積極的に推奨するという意味合いではなく、自分がこれまで試してきたEAの中では少し毛並みが違い、「自己回帰システム」という機械学習という概念の仕組みを取り入れたというところが気になりまして、

実際のFXリアル口座にて現金100万円投入した証拠金でComplete One EAの動き方や負け方、本格的な運用する場合の注意点などをbubuchujp検証してみている次第です。

Complete One EAは実際自分がこれまで経験した中でも自動売買システムの中ではかなりの勝率が確認できているところですが、購入者はページの中では、どの様なロジックで自動売買が稼働しているのかという詳細な部分が明らかにされていないため、 buchujpカスタムチャートと並べて挙動のチェックをしている過程でございます。


詳細な内容についてはbuchujpメインブログの「FX初心者のこれからFX」のほうに譲りますが、時間効率を同時に求めていく1つの方法論として現在試してみているところです。

2020年はいきなりコロナショック相場で大きくゆり動かされた感がございますが、それもあってか少しずつ方向同意も見え始めて綺麗なトレンドが出ている通貨ペアも見られます。

コロナ禍もひとつのきっかけになり、 FXもひとつの仕事としてどのようなスタイルで頑張っていくのか、ゆっくり考えてみるきっかけにもなったような気がするこの頃でございました。

本当に先が読めない時代だと実感するこの頃ですが、色々なヘッジを考えながらご一緒に頑張って参りましょう。










広告