FX生活のための1秒スキャルFXをbuchujp的視点で勝率追求の件

FXをやってみたらヒョイと利益が獲れたからと、どんどんトレードしたら逆にあっという間に資金を失った・・という笑えない経験を実は多くの方がされてると想像する次第で、かくいう自分も最初に経験済みでございます(泣)

トレードのロジックを覚えてトレード回数を増やし、勝ちトレードを増やせば、利益もそれだけ大きくなると考えがちですが、それ自体が間違いであると気が付くのにbuchujpも少々時間がかかりました。

そのうちに、負けを取り返すトレードに陥りますと、それこそ泥沼でございます。

そこで、自分の経験も踏まえまして、ちょっとした裁量を加えてみるだけでトレードが変わるという単純な方法について今日は1秒スキャルFXを用いて実践トレード収録を行った次第です。下記動画はメインブログの、1秒スキャルFXでFXの反撃したい初心者トレーダー勝率を何とかするbuchujp的簡単裁量と自分スタイルの件からです。


「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ


FX初心者目線でチャートから相場の状況を判断しやすくトレードを組み立てやすい、1秒スキャルFXを用いた実践検証トレードレビューでございます。
YouTube動画は1秒スキャルFX初心者の勝率をチョイ裁量と自分スタイルでFX反撃に!の巻buchujpレビュー


正直言いますと、チャートの形状とMAXジャッジメント(通貨ペア強弱を判定するツール)状況から、売り目線と決め邸はいましたが、足元では上昇の波形を形成していたので、1秒スキャルFXのショートチャンス場所でのエントリー決断が出来ず、今日の方法を使用した次第。
たった一本のラインをチャートに引いていますが、下落局面で起こる調整波動がこの場合、戻り局面でして、問題はどこまで戻りの波形を描くかが自身が持てず、それであれば、

ちょうど、斜めに引けるサポートレジスタンスライン、ここではトレンドラインとなりますが、キレイな3点指示のラインであったため、下抜けからのショートエントリーを狙ったトレードでございました。

大局的には「戻り売り」を高勝率で捉える事を目的としており、1秒スキャルFXのエントリー手法だけでなく、もう一つのエビデンスを加えて勝率を目指した格好で、今日のパターンは非常によくある形状の為、この先も良く出くわすと存じます。

1秒スキャルFXを使う最大の目的の一つは、MAXジャッジメントで通貨ペアの強弱を判定さえできていれば、トレンドフォロー型のロジックはそれだけでも勝つトレードの確率はほぼ決まってくるといっても良いほどではと考えており、

よほど不利な場所でのエントリーをしなければ、トレンドの流れに乗って含み益が伸びるという感覚を感じられるのではと存じます。

しかし、相場というくらいですので、大衆心理で動く絶対のものではないため、市場の意思や同意を掴むために、プラスのエビデンスを集めることが出来れば、よりFXを仕事として継続できる可能性も大きくなると考えます。

今日の記事の結論としましては、結局のところ、トレード回数を多くすることはリスクの時間や回数を大きくしていることにつながり、逆にトレードの回数を減らし、リスクを減らすトレードスタイルにすることの方が、利益が安定するのではないかという考えという次第。

FXを仕事にする場合、勝てば利益で生活費を稼げたということになりますが、負けた時に「仕方のない負け方をしたか」というところに悔いが出来るとトレーダーを継続できないと個人的には思っている次第で、

1回のトレードにエビデンスをどれだけ集めて戦略を検討したか、根拠納得がいったか、負けた場合はどこで損切りするか、納得が出来るリスクリワードになっていたかなど、そこまで考えて1回のトレードを丁寧に考えたか、そこに専業トレーダーとしての全力を投球している次第です。

と言っても、もちろん負けるときは負けますから、正直メンタルとの戦いでもあります。

もっと言えば、嫁のプレッシャーとの戦いとも言えるかも。です。

そんな10年でございますが、本日の1秒スキャルFXを用いたトレードはシンプルでございますが、FXを今から始めるトレーダー様にも現実的なやり方ということできょうの記事となった次第です。


緊張の毎日ですが、FXで生活するというのは、極めて地味で大変な作業ばかりではと思うところで、時間に開放されて・・・とか巷で聞いたりはしますが、むしろ時間を費やします。

ただ、今日はトレードをしない、と決めて好きな日を休みに出来るというメリットはありますが、正直チャートをやっぱり見て今日も相場状況を確かめておきたいという心理は常にあるため、収益の手段としてのFXという側面と、チャートを見るのが好きという、そんな側面も必要な仕事といえるかも知れません。

存外大変です。

でも可能性があふれていることも確かで、矛盾するようですがbuchujpの場合一発ホームランを狙わないという自戒とルールを破らなければ、この先も継続できるのではと今年もチキンをモットーに頑張ろうと思うこの頃です。

ではご一緒に慎重に相場を監視して参りましょう。



PS.トレード後のチャート印刷とトレードノート蓄積はきっと役立つと存じます。
「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
buchujpのオリジナルBI_Entryプレゼント中です。


広告