専業トレーダーbuchujpもワクチン2回目接種副反応でトレードに影響

新型コロナワクチン2回目接種をbuchujpも昨日済ませたのですが、翌日の今日お昼より発熱、38度程度で突然フラフラです。

ちょうどワクチン接種前日に、今すぐ勝率を上げたい1秒スキャルFX+トレンドラインPro2同時参照と加藤ムネヒサ殿プロジェクトご案内をアップしたのですが、 1回目のワクチン接種では軽い筋肉痛だけだったので今回も大丈夫だろうと軽く見ていましたが、核反応は急にやってきました。


「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
◆2020年5月19日より特典企画
buchujp「BI_Entry」をご提供決定 期間限定の配布制限付き特典です



実はbuchujpよりも一日前に嫁も新型コロナワクチン2回目接種を済ませていたのですが、39度まで熱が上がり、一晩完全にダウンしているの見ていたので、もしかしてと思っていましたが、自分はそこまでは熱は上がっていませんがよくある副反応ということで準備していたので冷静に対処できています。

人によって副反応の症状はまちまちだと存じますが、自分の場合は微熱が出ることで関節の痛みや腰から下の筋肉痛などが症状として見られ、

ただ、フルコン空手の試合の翌日によくあるローキックが効いている状況によく似た筋肉痛のため、肉体的な痛みはあるものの精神的には気分が良いという空手あるあるです。

しかし頭がぼーっとしてるため、buchujpトレードルームにてマルチモニターは監視しているもののテクニカルなどに集中できず、今日はトレードはダメっぽいです。

微熱による間接痛みや倦怠感ありますが、風邪をひいたときのそれとは違い、喉も痛くないし種類の違う倦怠感で、意外と元気な感じはいたします。

大抵の場合は一晩か、数日で元に戻るそうなので気にしないようにしていますが、通勤が必要な会社にお勤めの方であれば、新型コロナワクチン接種の翌日の業務は多少影響があるかもしれないという準備は必要かもしれません。

考えてみますと、 FX専業トレーダーをしておりますと時間の縛りがない半面今回のようにトレードに支障があってチャート判断ができなくなりますと、直接的に収入に影響するためそちらのほうのデメリットは恐怖としてちょっと感じます。

心の支えとしては、仲間の専業トレーダーも頑張っているというところを意識していますが、そんな中、古くからの専業トレーダー仲間で加藤ムネヒサ殿実は今回新しくプロジェクトを発表するということで、これは自分にとっても尻を叩く要素としてありがたく思っています。

こちらの記事にも加藤ムネヒサ殿のプラチナ ライン シグナルという期間限定の仕組みを無料公開している無料登録募集のシェアをしておきたいと存じます。

プラチナ ライン シグナル9/12まで


加藤ムネヒサ殿のFXトレードの腕前やチャート分析などのレベルはもちろんbuchujpよりもはるかに上でございまして、年に2回ほど東京で情報交換する際には、いつも最新のトレード手法やFX教材の類の評価について熱く語り合うという感じです。

特にFXをこれから始めるというタイミングのFX初心者トレーダー様におかれましては、とんでもなく世界的に活躍している有名FXプロトレーダーよりも、より我々に近い存在であるFX専業トレーダーのこれまでの苦労を重ねた結果をプロジェクトにした情報の方が、より身近で

何よりもFXに対する目線が我々に近いということもあり現実的なのではないかと個人的には感じている次第でございます。

FXで生活していくことの厳しさも身を以て感じる次第ですが、コロナ禍で収入初段をFX求める方もまた増加しているという現実もあることも理解できます。

加藤ムネヒサ殿の募集無料登録は期間限定でまもなく終わると存じますが、自分も推奨したい仲間のFX専業トレーダーでもあるため、ご案内も兼ねて本日の記事といたします。





広告